大学に呆れてネットビジネスを始めた19歳の頃

こんばんは
TAKAです!

一応、プロフィールの記事は
書いているのですが、

やっぱり1ページでは
足りないので、

プロフィールのカテゴリを
作って書いていきたいと思います。

なので、今回の記事は
そういう記事だと思ってください。笑

今日はビジネスを始めた
きっかけについてお話して
いきたいと思います。

僕は大学に入った頃、

友達や人脈を作りに作って、
遊びまくっていました。

夜中からボーリングをし、
朝まで友達と熱中する。

ビジヤード、ダーツを
夜中からやる。

友達とドライブ。

夜中に花火大会。
→戦争みたいになりましたが、笑

ラウンドワンに男女で
行って楽しんだりと、

すごく充実した大学生だったと思います。

しかし、僕はなんか
もの足りなかったんです。

このまま過ごしていいのだろうか?

学費を1年間で100万近く
払っているのに、

こんな生活をしていていいのか?

自分の中でこんな
モヤモヤ気持ちが湧き上がってきあました。

そのモヤモヤいつしか、
不安に変わっていました。

自分以外の人は
昔のように死ぬほど遊んで
いましたが、

人一倍、心配性で
気の弱い自分は不安で
いっぱいになりました。

「なにかやろう!」

と思いつつも、

何をしていいか
わからない。

その時に出会ったのが、
『貧乏父さん、金持ち父さん』です。

もしかしたら、
もう読んだよ!

という方もいるかと
思いますが、

読んでない方の為に
本の内容の一部を解説しますと、

本当のお金持ちになるには
会社員として働くのではなく、

自分のビジネスを持つ事だ!

と書いてあるのです。

とはいっても
自分でビジネスをするなんて、

学生で社会に出た事の
ないような人間がビジネスなんて

やり方もわからなければ、
成功するイメージもできませんでした。

その時に
タイミングよく友達が
ビジネスを始めたんですね。

最初はちょっと胡散臭いと
思ってやろうとは思いませんでしたが、

時間がたってくると、
自分でマーケティングを組んで
ビジネスをしたい気持ちと、

そして、大学に入ったにも
かかわらず、

だらだらしている自分に
嫌気がさして、

思いっきりビジネスの世界に
飛び込みました。

その当時は
30万近くで教えてくれる
塾のようなものがあって、

そこに友達と入会して
ビジネスを始めました。

それが自分がビジネスを
始めたきっかけです。

ビジネスを始めたとたん、

友達からは
「あいつ大丈夫か?」
「なんか詐欺みたいな事してんな笑」

みたいに言われました。

今まで決まっていた
人生のレールで生きていた自分
だったからこそ、

たくさん批判を受けました。

でも、今はビジネスを
始めた事に後悔はありません。

これがきっかけで
会社に頼らず稼げるように
なりましたし、

東京の億を動かすような
プロジェクトをしている方
たちと一緒に仕事ができましたし、

今は自由に暮らせているからです。

なんども書いていますが、

結局は「結果」なのです。

でも、人生のレールから
外れた人間は、

ヒールで悪役のように
扱われるので、

結果を維持でも出さなければいけません。

だからこそ、
僕は今日も勉強して、明日も記事を
書きます。

そして、お金を稼ぎます。

あなたも共感するなら
一緒に頑張りましょう!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です