誰でもわかりやすくブログを書くコツとは?

こんにちは

TAKAです!

 

 

今回は

『ブログをわかりやすく書くコツ』

をお話します!

 

 

ブログを書いていると

知らず知らずのうちに

1人よがりの文章になりがちです。

 

 

例えば、

ネットビジネスではUSPをしっかりと

設定する事で、コピーライティングを使い・・・

 

 

と書いてしまうと

ビジネス初心者の方の脳内は

はてなだらけです。

 

 

わかっていてもほとんどの人は

やってしまいがちなんですね。

 

 

昔の自分もそうでした。

 

そうなってしまうと、

誰も「もう一回このブログを見たい!」

と思う人はいません。

 

 

なので、

「もう一回見たい!」と

思わせるブログを作成していく為に

 

今回お伝えする

『読者がわからないものを

わかりやすく伝える』テクニックを使って

 

 

読者をファンに変えてくださいね!

読者がわからないものを

わかりやすく伝える方法とは?

 

 

例え話を使うことです。

 

 

これは僕自身もよく

使うテクニックなのですが、

 

例え話を使うことによって

読者にわからないものを

わかるもので説明することが

できるんですね!

 

これって実はものすごく

重要なテクニックなんです。

 

 

このブログでも単語をわかりやすく

噛み砕いて説明している部分もたくさんあるんですね!

 

 

例えば、

ビジネス初心者の読者に

「ブログ記事を書く重要性」

を伝えたいとします。

 

 

その読者に

ブログを書く事は重要です!

と伝えてもイメージができないので

 

「なぜ必要なの?」と疑問が残って

そこで理解がストップしてしまうんですね。

 

 

その読者に

ネットビジネスでいう

ブログというのはリアルの世界

でいうと「お店」のようなものです。

 

どの棚を見ても

パンパンに商品が置いてある

品数が豊富なコンビニ

 

 

どの棚を見てもスカスカで

品数が少ないコンビニ

 

 

あなたはどっちで

商品を書いたいですか?

 

もし、あなたがブログで

1、2記事しか書いていなければ

 

スカスカな棚で商売している

コンビニと同じ事をしています。

 

 

と例える事で、

 

イメージがしやすくなり、

わかりやすく自分の伝えたい事を

伝える事ができます。

 

 

では、具体的どのように

すれば例え話をうまく使えるのかと

言いますと、

 

 

2つのポイントがつあります。

 

 

1、「例えば」と前振りを入れる。

 

 

「例えば」

と前振り入れることで

読者は「どんな事だろう?」と

脳でイメージをします。

 

 

2、ストーリーを使う。

 

短いストーリーを使う事で

読者もイメージしやすくなります。

 

 

 

上の2つのポイントを意識して

書くとわからない部分を

 

読者にわかりやすいように

記事を書く事ができるので、

 

ぜひ、意識して記事を書いてみて

ください!

 

 

では、今日はこの辺で!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です