ビジネスを成功させるのに1番必要なものとは?

こんにちは

TAKAです!

 

今回の記事では

ビジネスを成功させるには

1番必要な要素について書いて

いきたいとおもいます。

 

1番というと、

大げさな言い方になるかも

しれませんが、

 

 

今回お伝えする要素が

どんなビジネスでも必要なものです。

 

 

飲食店であろうが、

アパレルの業界であろうが、

 

僕らの情報業界でも

同じ要素が必要なものです。

 

で、具体的にどういったものかと

言いますと、

 

 

世界1とも言われている

コピーライターゲイリーハルバートさんが

いった一言を今回紹介します。

 

 

そのたった一言が世界中のマーケターの教訓と

なっているのです。

 

 

その一言がこちらです。

 

 

飢えた群衆さえいれば

どんなビジネスでも成功できる。

 

 

どういうことかと

いいますと、

 

ビジネスは

お客さんを集めて商品を

売ると成立します。

 

どんなに良い商品を持っていたと

しても、

 

お客さんがいなければ

ビジネスは成り立ちません。

 

 

でも、考えてみてください。

 

 

逆を言うと、

 

どんなに質が悪い商品でも

お客さんがそれを求めていれば

売れてしまうんです。

 

 

質が悪いというと

語弊があると思いますが、

 

普通の商品でも売ることは

可能なんですね。

 

 

例えば、

自動販売機で売られている

ペットボトルの水がありますよね。

 

 

それは、基本的に100円

くらいで買えるとおもいます。

 

 

でも、富士山の休憩所では

500円近くで売られているそうです。

 

 

これこそ、

飢えた群衆を相手にした

ビジネスです。

 

 

これから富士山を登る

過酷なことをするのに、

 

重い水をたくさん持つと

さらに登山が過酷になります。

 

しかし、休憩所で水があることで

わざわざ重い水を持たなくても

 

そこで水を買えば

自分の喉を潤すことができます。

 

 

だからこそ

飢えた群衆を相手にしていると

ビジネスは成功するんですね。

 

僕らの世界で言うと

飢えた群衆というのは

 

悩みを持っている人のことを

いいます。

 

僕ら情報販売をする人間は

人の悩みを解決してあげて

お金をもらいます。

 

なので、

どんな人の悩みについて

知らなければいけませんし、

 

 

どんな悩みがあるのか

常にリサーチをしなければいけません。

 

 

そして、悩みが強ければ強いほど、

深ければ深いほど、

 

僕らの商品を買ってくれやすくなります。

 

上手く悩みを持っている人を

見つけられると、

 

正直、セールスなんて入りません。

 

「おれこんな商品持ってますけど買いますか?」

 

くらいで商品は売れてしまいます。

 

悩みが深いものであれば

高単価な商品でも売れてしまいます。

 

なので、売上も伸ばしやすいんですね。

 

 

だから、

健康系や人間関係系、ビジネス系の

商品は売れやすいのです。

 

ですので、あなたも

飢えた群衆がどこにいるのか?

 

このビジネスには飢えた群衆は

いるのか?

 

について考えてビジネスを

やると上手くいくので意識して

情報発信を行ってくださいね!

 

 

ではでは!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です