最短で結果を出す方法とは?

こんにちは

TAKAです!

 

最近、ブログの記事を

中身を考えずにスラーと

書く、

 

「フリーライティング」という

手法でブログを書いてます。

 

 

これは自分が尊敬している

起業家さんがおすすめしていて、

 

あれこれ考えて文字を書くよりも

「とりあえず、書く」事を意識して

文章を書くといいよ!

 

と言ってたので、すぐ真似てます。

 

ブログ書く事に気が進まなく

なったらやってみてくださいね!

 

 

さて、フリーライティングなので

どうでもいい話をしてしまいましたね。笑

 

 

今日お話したいのは

「最短で結果を出す方法」について

です。

 

 

まあ、誰しもこう思って

いると思います。

 

 

ビジネスをするにしろ

勉強でも、仕事でも、

 

やるなら楽して最短で

結果を出したいと思いますよね?

 

 

でも、僕は昔から

最短で結果をだせるような

タイプの人間ではなく、

 

遠回りばかりする人生でした。

 

 

バスケも10年近くやっていたのですが、

 

高校までシュートもドリブルも

下手くそで、

 

シュートは

10本売って1本入ればいいくらいでした。

 

ちなみに、

シュートがうまい人は半分以上シュートを

決める事ができます。

 

 

バスケ暦3年の後輩は

僕より身長が10センチ近く低いにも

かかわらず、

 

僕よりシュートが上手で、

僕よりもバスケがうまく、

 

試合にも出場していました。。

 

この時初めて

「悔しい」という感情が

 

腹の奥底から湧いてきたんですね。

 

自分の無力さ、

情けなさ、

不甲斐なさ、

 

「今までおれは何をしてきたんだ。」

 

と本当に後悔しました。

 

 

ただただ何も考えずに

バスケをしていると、

 

こういった風になってしまうんです。

 

 

でも、これはバスケに限った

話ではありません。

 

仕事でも、勉強でも

同じです。

 

 

ただただ何も考えずに

行動する。

 

 

これほど危険な事はありません。

 

ただただ何も考えずに

仕事をする。

 

ただただ何も考えずに

勉強をする。

 

 

昔の僕はそうでしたが、

こういった考えの人は、

 

100%損をします。

 

 

なぜなら、戦略を練って考えて

いないからです。

 

最短で結果を出す人は

必ず「戦略」から入ります。

 

 

レペゼン地球のDJ社長さんが

すごくいい例えを話していたので、

 

引用させてもらいます。

 

 

例えば、

「遠くにいった人が勝ち」という

ゲームをしたとします。

 

そうすると、普通の人や

何も考えない人は、

 

とりあえず、頑張って遠くに

走ろうとします。

 

一生懸命、朝も昼も夜も

寝ずに走ります。

 

 

でも、最短で結果を出す人は

違います。

 

どのようにしたら早く遠くで

いけるのかを考えます。

 

そして、原付バイクの免許を

取りに教習所に向かって免許と

 

原付を手に入れます。

 

そしたら、先に走っている人とは

3日くらい差がつきますよね?

 

 

でも、原付を手に入れられると

手元をひねるだけで、

 

40キロ60キロくらい

スピードがでて、

 

あっという間に走っている人なんて

追い越す事ができるんですね。

 

走っている人がどんなに走る事を

頑張っても追いつく事はもう出来ません。

 

 

そういった事を常に結果を

出せる人は考えているのです。

 

 

だから楽して稼いでるように

見えたりするんですね。

 

 

今まで生きてきて

そういった要領のいい人っていますよね?

 

それって生まれつき要領が

いいのではなくて、

 

常に戦略を立てて行動を

している結果なのです。

 

 

では、どのようにしたら

最短で結果を出す考え方ができるのか?

 

お伝えします。

 

それは

 

 

どのようにしたらうまくいくのか?

 

周りにはどのようなライバルがいるのか?

 

自分のターゲットのお客さんは

どのように自分を見ているのか?

 

 

など市場と自分のリサーチを

徹底して行います。

 

 

そうすると、市場の成功パターンや

穴が見えてきます。

 

自分の場合は

最初バスケ指導のテーマで

売上を立てる事ができました。

 

その時の戦略としては

バスケ指導のテーマでライバルは

たくさんいたのですが、

 

全て上級者向けで

IH目指すレベルの指導法で

練習も複雑なものが多かったのです。

 

 

なので、初心者向けに

バスケを指導するテーマにしました。

 

そして、それだけだと弱いので

「コーチング」という独自性も

取り入れました。

 

コーチングは質問から答えを

導く指導法で、

 

それだと初心者の方でも

文字を読むだけでできます。

 

 

こういった戦略があって

売上を立てる事ができたのです。

 

 

なので、まとめると、

 

 

結果を出せない人は

「ただただ行動している」

「何も考えていない」

 

結果を出す人は

「戦略を立てて逆算している」

「リサーチをかかさない」

 

という事を覚えてください!!

 

 

ではでは!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です