コピーライティングだけでは稼げないって話

こんにちは

TAKAです!

 

最近ブログやTwitterで

色々発信していた事や、

 

自分のパートナーの人との

つながりもあって

 

コピーライティングの仕事を

受ける事になりました。

 

 

で、どういったものかと

いいますと、

 

LP(ランディングページ)の作成です。

 

 

わからない人の為に解説を

入れると、

 

 

僕らが集客をする時に

使うページの事をLPと

呼ぶんですね!

 

具体的にはこのサイトを

見てみるとわかると思います。

 

ランディングページ集めました。

 

このLPを作成する仕事を

3万で受けました。

 

ほかの記事でも書いたかも

しれませんが、

 

コピーライティングができると

自分の発信で稼ぐのではなく、

他人の媒体を作る事で

稼ぐ事だってできるんですね。

 

LPは5000~10000文字

くらいで書く予定なので、

 

 

早く終われば、

3日ほどで書き終えることができます。

 

 

なので、時給1万って事も

可能なんですね!( ̄▽ ̄)

 

 

なので、

このブログを見ている方も

ブログを書いていたり、

 

自分でビジネスをしていると

こういった仕事が舞い込むので

ライティングスキルを磨いておくと

いいかと思います!

 

 

さて、それを踏まえて

今日の本題に入るのですが、

 

 

今回は

「コピーライティングだけでは

稼げないって話」

 

というタイトルでした。

 

前半の内容を読んでいると

支離滅裂な記事になっていると

思うかもしれませんが、

 

実はそうではありません。

 

もちろん、コピーライティングの

スキルを磨く事も必要です。

 

でも、コピーライティングの

スキルだけでは稼げません。

 

なぜなら、

コピーライティングとは

人に物事を伝えるツールだからです。

 

 

なので、どんなに

伝える事がうまくても、

 

知識が0であったり、

商品の中身がなかったりすると

意味がないわけなんです。

 

 

僕もこのLPを作っている

段階で、本当に困った事なのですが、

 

コピーライティングはある程度自信が

あるのですが、

 

依頼された分野の知識がほぼ0

だったんですね(^^;;

 

なので、何文字書いても

薄っぺらい文章になってしまうんですね。

 

 

人の心に刺さらない

ありきたりな文章になって

しまうわけなんです。

 

 

だからこそ、

コピーライティングの前に知識を

集める必要があるんですね。

 

知識の土台にコピーライティングが

あるわけです。

 

 

集めた知識をコピーライティングの

フィルターを通して、

魅力的に商品を伝える。

 

この事を忘れないでください!

 

今日のブログは

こんな感じで!

 

ではでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です